Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報や学士入試問題草稿など含むUSBメモリを紛失 - 東大

東京大学は、同大学院理学系研究科・理学部において個人情報や学士入学試験問題の草稿などが保存されたUSBメモリが所在不明となっていることを明らかにした。

同大によれば、教員が使用するUSBメモリを紛失したもの。2022年1月17日に紛失へ気づき、翌18日に大学へ報告した。2021年12月16日にUSBメモリを確認したのを最後に所在がわからないという。

問題のUSBメモリには、2021年度学士入学試験の答案やオンライン試験の録画など2人分のデータが保存されていた。氏名と顔が含まれる。

さらに2022年度学士入学試験問題の草稿や、学士入学試験の過去問題なども保存されていた。

今回の問題を受けて同大では、紛失したUSBメモリに個人情報が保存されていた受験生2人に対し、書面で経緯を説明し、謝罪。また2022年度学士入学試験問題の草稿は破棄した。

(Security NEXT - 2022/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を