Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報や学士入試問題草稿など含むUSBメモリを紛失 - 東大

東京大学は、同大学院理学系研究科・理学部において個人情報や学士入学試験問題の草稿などが保存されたUSBメモリが所在不明となっていることを明らかにした。

同大によれば、教員が使用するUSBメモリを紛失したもの。2022年1月17日に紛失へ気づき、翌18日に大学へ報告した。2021年12月16日にUSBメモリを確認したのを最後に所在がわからないという。

問題のUSBメモリには、2021年度学士入学試験の答案やオンライン試験の録画など2人分のデータが保存されていた。氏名と顔が含まれる。

さらに2022年度学士入学試験問題の草稿や、学士入学試験の過去問題なども保存されていた。

今回の問題を受けて同大では、紛失したUSBメモリに個人情報が保存されていた受験生2人に対し、書面で経緯を説明し、謝罪。また2022年度学士入学試験問題の草稿は破棄した。

(Security NEXT - 2022/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、ランサムウェア「ESXiArgs」の復旧ツール - 十分理解して使用を
クレカ会社装うフィッシングサイトの割合が激減 - 5%ほどに
受験生の個人情報を試験場で紛失した可能性 - 日大
PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
フィッシングURLが大幅減 - 10カ月ぶりに1万件下回る
厚労省、医療機関向けにセキュリティ対策のオンラインセミナー
「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 脆弱性9件を解消
ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大