Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

化粧品OEMメーカーにサイバー攻撃

化粧品のOEM製造を手がけるタイキは、サイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によれば、2月8日朝に社内で利用するファイルサーバへアクセスできない状態となっていることに従業員が気が付き、サイバー攻撃を受けたことが判明したもの。

顧客に関する情報の外部流出などは確認されていないとし、支払いを含めて重要業務に支障は出ておらず、取引先への影響はないと説明しているが、被害状況の詳細については明らかにしていない。

同社では関係当局に報告。外部事業者をまじえ、被害の内容、範囲の特定など調査を進めている。被害が生じたシステムについては、バックアップより復旧作業を行い、2月13日までに復旧が完了しているという。

(Security NEXT - 2022/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄
ランサム攻撃でサーバ内のデータが暗号化 - 帰国子女向け教育サービス
FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か
勤怠システムがランサム被害、総当たり攻撃で侵入か - ヴィアックス
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明