Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護法改正や越境問題をテーマにセミナー開催 - DBSC

データベース・セキュリティ・コンソーシアムは、「個人情報保護法改正と越境問題」と題したセミナーを3月2日にオンラインで開催する。

同セミナーは、個人情報保護法改正や国外へ個人データを移転するいわゆる「越境問題」を題材としたオンラインイベント。

ひかり総合法律事務所の板倉陽一郎氏による基調講演のほか、「個人情報保護法改正と越境問題」をテーマにしたパネルディスカッションなどを予定している。

同コンソーシアムの会員に限らず、情報セキュリティに携わる人であれば誰でも参加でき、定員は200名。参加費は無料だが、事前登録が必要。詳細や申し込みなどはイベントのページから。

(Security NEXT - 2022/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
「個人情報を考える週間」、2022年は5月30日から
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
テレワーク施設のセキュ対策まとめたガイドライン - 事例やチェック表も
デジタルマーケ担当者、半数強が改正個情法の詳細知らず
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
広域での安全な個人データ越境移転を目指して「Global CBPRフォーラム」設立
SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
IPA、内部不正防止ガイドラインを改訂 - テレワーク増加も反映