Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護法改正や越境問題をテーマにセミナー開催 - DBSC

データベース・セキュリティ・コンソーシアムは、「個人情報保護法改正と越境問題」と題したセミナーを3月2日にオンラインで開催する。

同セミナーは、個人情報保護法改正や国外へ個人データを移転するいわゆる「越境問題」を題材としたオンラインイベント。

ひかり総合法律事務所の板倉陽一郎氏による基調講演のほか、「個人情報保護法改正と越境問題」をテーマにしたパネルディスカッションなどを予定している。

同コンソーシアムの会員に限らず、情報セキュリティに携わる人であれば誰でも参加でき、定員は200名。参加費は無料だが、事前登録が必要。詳細や申し込みなどはイベントのページから。

(Security NEXT - 2022/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報漏洩時の謝罪対応、約3割がマニュアル化
個情委、行政機関向けに研修資料 - 確認テストも
メタップスPの「Pマーク」取消 - PCI DSS準拠でサービスは再開へ
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
EC事業者の6割弱がサイバー攻撃の被害経験 - 半数で情報漏洩
個情委、破産者情報の違法公開サイトを告発
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
自治体におけるマイナンバー取扱状況を公表 - 個情委