Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco製メールセキュリティ製品にDoS攻撃を受けるおそれ

Cisco Systemsが提供する「Cisco Email Security Appliance(ESA)」に脆弱性が明らかとなった。

「Cisco AsyncOS Software」におけるDNSベースの認証「DANE(DNS-Based Authentication of Named Entities)」を有効化している場合に、サービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2022-20653」が明らかとなったもの。

名前解決時におけるエラー処理が不十分なため、DoS攻撃により管理インタフェースなどへアクセスできなくなるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」。重要度は4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている。

同社は脆弱性を修正した「同14.0.2.020」「同13.5.4.1021」「同13.0.3」をリリース。あわせて回避策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2022/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開