Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

異なる住所にDM約1.1万通を誤送付 - クレカ事業者

クレジットカード事業を展開するモデル百貨は、宛名と住所が異なるダイレクトメールを送付したことを明らかにした。

同社によれば、2月10日に発送したカードキャンペーンを紹介するダイレクトメールにおいて、誤送付が発生したもの。同月14日に顧客から指摘があり調査したところ、1万1379件のダイレクトメールについて宛名と住所が異なる状態で送られたことが判明した。

ダイレクトメール送付対象者のリスト作成時の作業ミスが原因だという。同社では対象となる顧客に対し、宛名が異なるダイレクトメールを受け取った場合は廃棄するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
同門会向けメール2件で誤送信が発生 - 敦賀市立看護大
アンケートメールを誤送信、氏名やメアド流出 - 鉾田市
最高裁でメール誤送信、修習資金被貸与者の個人情報が流出
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 都立中央・城北職業能力開発センター
メール誤送信で講習会参加予定者のメアド流出 - 江戸川区
メルマガで誤送信、企業担当者のメアド流出 - 福岡市
非当選者に誤ってプレゼント当選メール、別人の氏名も - ECC
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会