Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「macOS」や「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ウェブ閲覧でコード実行のおそれ

Appleは、「macOS」や「iOS」向けにセキュリティアップデートをリリースした。すでに悪用の報告がある「ゼロデイ脆弱性」に対処したという。

今回のアップデートは、「WebKit」において細工されたウェブコンテンツを処理すると、任意のコードを実行されるおそれがある「CVE-2022-22620」を解消したもの。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性で、すでに悪用の報告があるという。

同社は同社スマートフォン「iPhone」やタブレット端末「iPad」向けに同脆弱性を修正した「iOS 15.3.1」「iPadOS 15.3.1」をリリース。

またMac向けには、最新OSとなる「macOS Monterey 12.2.1」を公開し、「macOS Big Sur」「macOS Catalina」では「Safari 15.3」のアップデートにて修正した。「Safari 15.3」を更新すると、「macOS Big Sur」ではビルド番号が「16612.4.9.1.8」、「macOS Catalina」は「15612.4.9.1.8」になるとしている。

(Security NEXT - 2022/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加