Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HISベトナム法人で顧客情報流出の可能性 - パスポート情報なども

エイチ・アイ・エスは、ベトナムの現地法人がサイバー攻撃を受け、顧客情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社ベトナム法人であるH.I.S. SONG HAN VIET NAM TOURISTがサイバー攻撃を受け、ファイルサーバより顧客情報が流出した可能性があることが判明したもの。

同社によれば、現地時間2021年10月25日にファイルサーバにおいてマルウェアを検知。外部事業者による調査を実施したところ、第三者がファイルサーバに対してアクセスしていたことが同月28日に判明した。

日本から遠隔で情報を収集しつつ、サーバに含まれるデータを抽出したハードディスクを日本へ送付し、解析したところ、12月20日にサーバ内のデータを引き出され、外部に流出した可能性があることがわかった。

対象となる顧客は、2016年8月14日から2020年2月22日までに同社を利用してベトナムへ出発した顧客や、ベトナム法人で申請などの手配を行った顧客のうち最大1846人。氏名、住所、生年月日、パスポート情報などた流出した可能性がある。

同社では、対象となる顧客に順次連絡を行っている。また観光庁や認定個人情報保護団体、日本旅行業協会へ報告を行った。

(Security NEXT - 2022/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
業務PCが「Emotet」感染、個人情報が流出 - 保険代理店
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ