Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HISベトナム法人で顧客情報流出の可能性 - パスポート情報なども

エイチ・アイ・エスは、ベトナムの現地法人がサイバー攻撃を受け、顧客情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社ベトナム法人であるH.I.S. SONG HAN VIET NAM TOURISTがサイバー攻撃を受け、ファイルサーバより顧客情報が流出した可能性があることが判明したもの。

同社によれば、現地時間2021年10月25日にファイルサーバにおいてマルウェアを検知。外部事業者による調査を実施したところ、第三者がファイルサーバに対してアクセスしていたことが同月28日に判明した。

日本から遠隔で情報を収集しつつ、サーバに含まれるデータを抽出したハードディスクを日本へ送付し、解析したところ、12月20日にサーバ内のデータを引き出され、外部に流出した可能性があることがわかった。

対象となる顧客は、2016年8月14日から2020年2月22日までに同社を利用してベトナムへ出発した顧客や、ベトナム法人で申請などの手配を行った顧客のうち最大1846人。氏名、住所、生年月日、パスポート情報などた流出した可能性がある。

同社では、対象となる顧客に順次連絡を行っている。また観光庁や認定個人情報保護団体、日本旅行業協会へ報告を行った。

(Security NEXT - 2022/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
Emotet感染でメール関連情報流出の可能性 - 緑の安全推進協会
Emotet感染でメール約85万件が流出した可能性 - JP-AC
国家戦略特区に設置した「雇用労働相談センター」で「Emotet」感染
偽警告で端末乗っ取り被害、被験者情報流出か - 国立がんセンター
委託先が「Emotet」感染、個人情報が流出の可能性 - 相模原市
ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社
東京辰巳国際水泳場の指定管理者がマルウェア感染 - 利用者情報が流出か