Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」に感染、関係者になりすましメールが送信 - 積水ハウス

積水ハウスは、グループ会社の一部パソコンがマルウェア「Emotet」に感染したことを明らかにした。情報が窃取されたと見られ、外部より関係者に対してグループ会社の従業員を装ったなりすましメールが送信されたという。

同社によれば、グループ会社の一部パソコンがマルウェア「Emotet」に感染。グループ会社の従業員を装ったなりすましメールが、グループ会社の従業員やメールでやり取りした複数の関係者に対して送信されたことを確認したという。

なりすましメールでは送信者としてグループ会社の従業員名が記載されていたが、グループ会社ではなく、異なるメールアドレスから送信されていた。

なりすましメールを受信した場合は、添付ファイルや本文中のURLを開かず削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
オンラインストアのセール案内メールで誤送信 - 東京ソワール
ゼロデイ攻撃で受信メールが流出した可能性 - 国立科学博物館
東大教員PCが標的型攻撃でマルウェア感染 - 対策ソフトは検知せず
委託先がランサム被害、発注データ流出のおそれ - 積水ハウス
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
グループ会社で個人情報流出の可能性、機微情報への影響は調査中 - 日本原燃
上下水道関連システムがマルウェア感染、インフラへの影響なし - 大槌町
標的型攻撃メールでPCがマルウェア感染 - 東大研究機関
従業員PCが「Emotet」感染、情報流出の可能性 - 古河電池