Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定

「GNU Cライブラリ(glibc)」に含まれる一部関数に任意のコードを実行される脆弱性が含まれていることがわかった。

同ライブラリの「sunrpcモジュール」に含まれる非推奨の互換性関数「clnt_create」や、廃止された「svcunix_create」にバッファオーバーフローの脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。

それぞれ「CVE-2022-23219」「CVE-2022-23218」が割り当てられており、脆弱性を悪用されるとサービス拒否が生じるおそれがあるほか、アプリケーションの構築時にオプションの「stack-protector」を有効化していない場合は任意のコードを実行されるおそれがあるという。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアはいずれも「9.8」とレーティングされている。

「CVE-2022-23219」については2017年にパッチが公開されていたが、現地時間2月1日にリリースが予定されている「同2.35」にていずれも修正される見込み。

(Security NEXT - 2022/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
通信資格講座の「合格者の声」に匿名希望者の氏名