Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、オンラインセミナー「なりすましメール対策の現状と課題-S/MIMEを活用したなりすまし対策事例紹介」を2月18日に開催する。

同セミナーは、なりすましメール対策の1つである「S/MIME」をテーマに、活用状況や導入事例などを紹介するイベント。

東京電機大学研究推進社会連携センター顧問で客員教授の佐々木良一氏による基調講演のほか、「これからのなりすましメール対策」を議題にしたパネルディスカッションや、S/MIMEの普及啓発における活動を紹介する講演、S/MIMEの事例紹介などが予定されている。

参加費は無料だが、事前登録が必要。定員は500名。セミナーの詳細や参加申し込みはイベント案内ページを参照のこと。

(Security NEXT - 2022/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
macOS向けアップデート − 複数脆弱性を修正
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不審勧誘で苦情、契約者情報の漏洩を調査 - JSB
「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用