Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定

NTTドコモは、悪意あるサイトのURLなどを含んだショートメッセージ(SMS)を拒否する「危険SMS拒否設定」を同社回線利用者に対して3月中旬より適用する。

宅配事業者や金融機関、通信販売事業者などを装ってSMSを送りつけ、個人情報をだまし取るフィッシングサイトや悪意あるアプリをインストールさせるサイトに誘導する攻撃が発生していることから、被害の防止に向けて対策を強化したもの。

送信元の情報や本文の記載内容に基づき、同社ネットワーク上でSMSの自動判定を実施。判定には、警察庁や日本サイバー犯罪対策センター(JC3)などの公的機関と連携して得た情報や、利用者や企業から申告を受けて同社が収集した情報を活用する。

同設定の利用料は無料。利用にあたり申し込みなどは不要で自動で適用されるが、「SMS一括拒否」または「個別番号受信」を設定している場合は対象とならず、利用者が設定する必要がある。また同設定の利用を希望しない場合は、「My docomo」の「SMS拒否設定」から設定を変更することができる。

(Security NEXT - 2022/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
クラウドサービスの請求額通知などを偽装するフィッシングに注意
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合
「PayPayカード」の利用通知に見せかけた詐欺メールに警戒を