Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定

NTTドコモは、悪意あるサイトのURLなどを含んだショートメッセージ(SMS)を拒否する「危険SMS拒否設定」を同社回線利用者に対して3月中旬より適用する。

宅配事業者や金融機関、通信販売事業者などを装ってSMSを送りつけ、個人情報をだまし取るフィッシングサイトや悪意あるアプリをインストールさせるサイトに誘導する攻撃が発生していることから、被害の防止に向けて対策を強化したもの。

送信元の情報や本文の記載内容に基づき、同社ネットワーク上でSMSの自動判定を実施。判定には、警察庁や日本サイバー犯罪対策センター(JC3)などの公的機関と連携して得た情報や、利用者や企業から申告を受けて同社が収集した情報を活用する。

同設定の利用料は無料。利用にあたり申し込みなどは不要で自動で適用されるが、「SMS一括拒否」または「個別番号受信」を設定している場合は対象とならず、利用者が設定する必要がある。また同設定の利用を希望しない場合は、「My docomo」の「SMS拒否設定」から設定を変更することができる。

(Security NEXT - 2022/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
「JR西日本」装うフィッシングの報告が増加 - JR東日本「えきねっと」告知文を悪用
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
「PayPay銀行」を装うフィッシング - 「個人情報の有効期限切れ」などとだます手口
「Amazonプライムデー」に便乗、フィッシング攻撃増加 - 関連ドメイン取得の動きも
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働