Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開

JPCERTコーディネーションセンターは、組織のネットワーク内部にランサムウェアが侵入し、攻撃を受けた組織の初動対応を支援する資料を公開した。

組織のネットワーク内部に侵入し、データの暗号化や窃取、脅迫を行うランサムウェアの被害が後を絶たない一方、初動対応について解説する資料が少ないことから、実際にインシデント対応を支援してきた同センターの知見をもとに、「侵入型ランサムウェア攻撃を受けたら読むFAQ」を取りまとめ、公開したもの。

攻撃を受けた組織はもちろん、対応の支援にあたるベンダー、警察、報告を受けた所管省庁などにおける活用を想定している。

具体的には、ランサムウェアによる被害発生時の相談先、対応方針の決定、被害状況の把握、原因の特定や対処、システムの復旧、身代金対応など、留意すべきポイントについてFAQ形式で解説している。

攻撃の傾向など時間とともに変化していくため、PDFではなく、内容を随時アップデートできるウェブコンテンツとして用意した。ランサムウェアによって組織のネットワークが利用できない場合などは、プリントアウトしたものを外部から提供を受けたり、別経路よりアクセスして活用するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA