Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス

北海道ガスは、社内で利用していた外付けハードディスクが所在不明となっていることを明らかにした。顧客情報が記録されていた可能性があるという。

同社によれば、担当部門において備品の確認を行っていたところ、外付けハードディスク1台を紛失していることが1月11日に判明したという。

ハードディスクの内部には、2001年から2013年にかけて同社や北ガスジェネックスにて実施したガス内管工事に関わる顧客情報3万1463件が記録されていた可能性があり、氏名と住所などが含まれる。さらに工事の委託先従業員情報73件なども含まれている可能性がある。

ログや社内調査から、ハードディスクを最後に使用したのは2019年2月で、その後誤って廃棄した可能性が高いという。

社内関係者に対するヒアリングでは、ハードディスクの内部にデータは存在しなかったとする証言もあるが、消去した記録が残っておらず確認できないことから事態を公表した。内部に保存されていた情報が不正に利用されたといった問い合わせなども寄せられていないという。

(Security NEXT - 2022/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
検定試験の解答用紙を紛失 - 中国語検定協会
市役所出張所で対応した納付書控が所在不明 - 蒲郡信金
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
個人情報含むパソコンを紛失、車上荒らしか - 名古屋電機工業
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院
個人情報含む書類が郵便事故で所在不明に - 大和リビング
3割強の郵便局で顧客情報が所在不明、約21万4000人分 - 日本郵便
粗大ゴミ収集作業中に個人情報含む連絡票を紛失 - 尼崎市