Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix Workspace App for Linux」に権限昇格の脆弱性

Citrix Systemsが提供する「Citrix Workspace App for Linux」に権限昇格の脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

同社によると、同製品においてアクセス制御に不備があり、権限の昇格が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2022-21825」が明らかとなったもの。

脆弱性を悪用されると、アプリを実行している端末においてローカルユーザーによりroot権限を取得されるおそれがある。「App Protection」をインストールした環境のみ脆弱性の影響を受けるという。

同社では脆弱性を解消した「同2112」をリリース。同製品の利用者に対して同バージョン以降へできるだけ早急にアップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市