Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市役所出張所で対応した納付書控が所在不明 - 蒲郡信金

蒲郡信用金庫は、一部納付書の金融機関控えが所在不明になっていることを明らかにした。手続きは完了しており、納付への影響はないという。

同金庫によれば、2020年9月1日から2021年3月31日にかけて蒲郡市役所出張所で受け付けた税金などの納付書の金融機関控え1万640件が所在不明となっているもの。顧客の氏名または法人名、住所、納付金額、納付内容などが記載されている。

同出張所において保存文書を確認したところ、納付書控えを収納した保管箱1箱を紛失していることが2021年12月3日に判明した。2021年4月9日に書類を廃棄した際、誤って一緒に廃棄した可能性が高いとしている。

不正利用は確認されておらず、外部からの問い合わせなども寄せられていない。これら納付書に関する手続きは完了しており、納付への影響もないとしている。

(Security NEXT - 2022/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 島田掛川信金
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
ATM取引情報の記録メディアを紛失 - 敦賀信金
預金や出資金の申込書などが所在不明 - 鹿児島相互信金
4支店で顧客情報含む帳簿が所在不明 - 碧海信金