Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機の流出可能性ファイル59件に安全保障関連情報 - 防衛省調査

2020年1月に明らかとなった三菱電機に対するサイバー攻撃で、防衛省は同社より流出した可能性がある一部データに安全保障へ影響を及ぼす可能性がある情報が含まれていたとの調査結果を取りまとめた。

事件の発覚を受けて、防衛関連の情報を含むファイル約2万件について調査を実施し、安全保障へ影響を及ぼすおそれがあるデータが59件あったことが判明したもの。

同省では今回の調査結果を受けて、適切な措置を講じたと説明。同社に対して情報の適切な取扱いを徹底するよう指示した。

同省では防衛産業におけるサイバーセキュリティ体制の強化に向けて、2021年度中に現行より厳格な「NIST SP800-171」と同程度の管理策を盛り込んだ基準の規則化を推進する。

また今回の調査結果を受けて、三菱電機では同省より貸与された注意情報3件が適切に管理できなかったとして注意を受けたことを明らかにした。同省の規則に従い、管理を徹底するとともに、引き続きセキュリティの強化に努めるとしている。

(Security NEXT - 2021/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
サーバへランサム攻撃、情報流出を確認 - リケン
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明
ランサム攻撃、脆弱性含むネットワーク機器から侵入か - 月桂冠