Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

出版目録のサイトに不正アクセス、メアドが流出 - 全社協

全国社会福祉協議会は、同団体出版部のウェブサイト「福祉の本 出版目録」が不正アクセスを受け、関係者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同団体によれば、書籍購入者や会員登録者のメールアドレス4万1970件が不正アクセスにより外部に流出したことが判明したもの。

12月13日に不正アクセスを受けた形跡を確認した。流出したデータはメールアドレスのみとしており、氏名や住所、電話番号、クレジットカードは含まれていないという。

同団体では、対象者へ個別に経緯を報告し、謝罪を行っている。また同様のアクセスを遮断するよう対策を講じ、個人情報を含むデータベースを切り離した。サーバやサイトのセキュリティや管理体制の強化を図り、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2021/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大