Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

出版目録のサイトに不正アクセス、メアドが流出 - 全社協

全国社会福祉協議会は、同団体出版部のウェブサイト「福祉の本 出版目録」が不正アクセスを受け、関係者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同団体によれば、書籍購入者や会員登録者のメールアドレス4万1970件が不正アクセスにより外部に流出したことが判明したもの。

12月13日に不正アクセスを受けた形跡を確認した。流出したデータはメールアドレスのみとしており、氏名や住所、電話番号、クレジットカードは含まれていないという。

同団体では、対象者へ個別に経緯を報告し、謝罪を行っている。また同様のアクセスを遮断するよう対策を講じ、個人情報を含むデータベースを切り離した。サーバやサイトのセキュリティや管理体制の強化を図り、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2021/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
東京ヴェルディの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
臨時IDカードで知人住所を取得、待ち伏せ職員を処分 - 仙台市
千葉県青少年自然の家に不正アクセス - 2021年の脆弱性が未修正
ワイン通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性