Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yappli」で作成されたAndroidアプリに脆弱性 - 最新環境で再作成を

アプリ開発プラットフォーム「Yappli」で作成されたAndroidアプリに脆弱性が存在することがわかった。対象バージョンのアプリを提供している場合は、アップデートを実施するよう呼びかけられている。

同プラットフォームで4月27日以前に作成、リリースされたアプリのカスタムURLスキーマ処理にアクセス制御不備の脆弱性「CVE-2021-20873」が存在することが判明したもの。

細工されたURLを処理するとアプリケーションの接続先を書き換えられて意図しないサイトと通信し、情報を窃取されたり改ざんされるおそれがあるという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「5.5」と評価されている。

同脆弱性は、RyotaK氏がヤプリに報告したもので、調整を経て製品利用者への周知を目的にJVNを通じても情報が提供されている。

4月28日にリリースされた「バージョン9.30.0」以降で脆弱性は修正されており、同バージョン以前のアプリを提供している場合は最新の開発環境で作成したアプリを提供したり、脆弱なアプリの公開を中止するよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2021/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOSにアップデート、ゼロデイ脆弱性を解消
Apple、「iOS 15.3」「iPad OS 15.3」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC
コピー機で顧客情報混ざり、外部に配布 - ニチイ学館
新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露