Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY

SHIFT SECURITYは、ログ記録ライブラリ「Apache Log4j」に深刻な脆弱性が見つかった問題を受け、ウェブサイトの脆弱性や攻撃状況を無料で診断するサービスを提供開始した。

「Log4Shell」として知られる「CVE-2021-44228」に関し、影響範囲が広く、早急な対応が必要となるとして「Log4j向け無償セキュリティ診断・フォレンジック調査」の提供を開始したもの。同社の専用フォームにて申込みを受け付け、最短で翌営業日にメールにて結果を報告する、

具体的な調査方法としては、依頼対象ページにURLやヘッダ情報などログ出力されやすい概念実証コードを送信。サーバの応答より脆弱性の状況を確認するほか、対策を講じるべき対策を案内する。

また提出を受けたウェブサーバのアクセスログ内に、同脆弱性を突いた攻撃の痕跡があるか調査する。

(Security NEXT - 2021/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
「Log4Shell」緩和する「ホットパッチ」にホスト乗っ取りが可能となる脆弱性
「Spring Core」にゼロデイ脆弱性「Spring4Shell」の指摘
SAP、月例セキュリティパッチ11件を新規リリース - 重要度「Hot News」の脆弱性も
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
SAP、2月の月例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性を修正
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで