Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY

SHIFT SECURITYは、ログ記録ライブラリ「Apache Log4j」に深刻な脆弱性が見つかった問題を受け、ウェブサイトの脆弱性や攻撃状況を無料で診断するサービスを提供開始した。

「Log4Shell」として知られる「CVE-2021-44228」に関し、影響範囲が広く、早急な対応が必要となるとして「Log4j向け無償セキュリティ診断・フォレンジック調査」の提供を開始したもの。同社の専用フォームにて申込みを受け付け、最短で翌営業日にメールにて結果を報告する、

具体的な調査方法としては、依頼対象ページにURLやヘッダ情報などログ出力されやすい概念実証コードを送信。サーバの応答より脆弱性の状況を確認するほか、対策を講じるべき対策を案内する。

また提出を受けたウェブサーバのアクセスログ内に、同脆弱性を突いた攻撃の痕跡があるか調査する。

(Security NEXT - 2021/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
米FTC、「Log4j」問題で企業に警告 - 放置による事故は責任を追求
「Apache Log4j」にあらたな脆弱性 - アップデートがリリース
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
Intelの24製品に「Apache Log4j」 - 23製品でパッチ提供済み
MS、「Apache Log4j」でセキュリティアドバイザリ - 8製品にアップデート
「Java 7」「同6」環境向けにも「Apache Log4j」の脆弱性修正版
米英豪など共同で「Log4j脆弱性」について注意喚起 - 産業制御機器でも対策を
NVIDIA、一部製品に「Log4Shell」の脆弱性 - アップデートをリリース