Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Log4Shell」攻撃、対象ポートが拡大中 - 警察庁観測

ログ記録ライブラリ「Apache Log4j」に深刻な脆弱性「Log4Shell」が明らかとなった問題で、警察庁は攻撃の観測動向を公開した。攻撃対象ポートが拡大している。

「Apache Log4j」にリモートより攻撃が可能となる脆弱性「CVE-2021-44228」や「CVE-2021-45046」が見つかり、すでに悪用が確認されているが、警察庁が全国の警察施設に設置したセンサーの観測動向について取りまとめたもの。

脆弱性を悪用する攻撃は、実証コード(PoC)が公開された12月10日より観測されており、12日には1センサーあたり50件を超え、15日には1センサーあたり100件以上のアクセスがあった。今後さらなる増加も懸念される。

攻撃対象も当初はTCP 80番ポートが狙われていたが、翌11日にはTCP 8080番ポートも標的となった。その後も徐々に対象ポートを拡大し、12月15日に入ってからはTCP 81番ポートやTCP 8089番ポートのほか、「Apache Solr」で利用するTCP 8983番ポート、海外製ルータで用いられるTCP 7547番ポートなどへのアクセスもコンスタントに観測されている。

同庁は、攻撃パケットにおいてウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)などの定義ファイルによる検知を回避する動きもあると指摘。別の対策も検討するよう呼びかけている。

20211216_np_001.jpg
12月16日12時時点における1センサーあたりの平均攻撃数(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2021/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム