Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

返却したワクチン接種券に接種者名簿が混入 - 池田市

大阪府池田市は、新型コロナウイルスワクチンの接種券を接種者へ返却した際、誤って接種者名簿を一緒に渡していたことを明らかにした。

同市によれば、10月20日に2回目のワクチン接種を受けた人に接種券を返却した際、接種者名簿を誤って一緒に渡すミスがあったという名簿には134人分の氏名、生年月日、電話番号、接種券番号が記載されていた。

12月9日に返却された接種券に名簿が紛れていたと連絡があり、問題が発覚。同日名簿を回収した。同市では、名簿に記載されていた人に書面を送付し、謝罪する方針。

(Security NEXT - 2021/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
大阪市の子宮頸がんワクチン案内約1.9万件で宛名ミス - データ操作ミスで
阪南市でワクチン予約者リストを誤送信 - 当日指摘あるも確認5日後
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
新型コロナワクチンの接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性