Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

返却したワクチン接種券に接種者名簿が混入 - 池田市

大阪府池田市は、新型コロナウイルスワクチンの接種券を接種者へ返却した際、誤って接種者名簿を一緒に渡していたことを明らかにした。

同市によれば、10月20日に2回目のワクチン接種を受けた人に接種券を返却した際、接種者名簿を誤って一緒に渡すミスがあったという名簿には134人分の氏名、生年月日、電話番号、接種券番号が記載されていた。

12月9日に返却された接種券に名簿が紛れていたと連絡があり、問題が発覚。同日名簿を回収した。同市では、名簿に記載されていた人に書面を送付し、謝罪する方針。

(Security NEXT - 2021/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
ワクチン接種委託先、情報共有ツールを公開設定で使用 - 奈良県
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
ワクチン予約サイトの申込フォームに別人の個人情報 - 神奈川県
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市
ワクチン接種センターの従業員が個人情報を漏洩 - 仙台市
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
集団接種会場でワクチン予約者リストを紛失 - 相模原市