Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出

大阪市は、保健所において新型コロナウイルス感染症ワクチンの集団接種会場で接種を行う医師のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、保健所感染症対策課において、10月4日に新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種を担当する医師へ連絡メールを送信した際、送信ミスが発生したもの。送信先を誤って宛先に設定したため、受信者間でメールアドレス475件が閲覧できる状態となった。

10月28日に同市公益通報制度における審議結果の通知があり、事実確認を行ったところ、誤送信が判明した。

同市では、対象となる医師に謝罪のメールを送り、誤送信したメールを削除するよう依頼している。

(Security NEXT - 2022/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生
Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」