Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むリストを窓口で閲覧できる状態のまま離席 - 大阪市

大阪市は、建設局の窓口において排水設備計画確認申請書の受付簿が来訪者によって閲覧できる状態となっていたことを公表した。

同市によれば、10月21日に建設局の下水道許認可申請等・排水協議窓口において、宅内の排水管を公共下水施設に接続することを申請した申請者709人分の氏名が含まれる受付簿が閲覧できる状態となっていたもの。

窓口を訪れた同住民の問い合わせへ対応する際、机上に置いたまま職員が離席してしまったという。来訪した住民によって閲覧できる状態だったが、実際に閲覧されたかは不明だという。

12月3日に同職員が同住民の別の問い合わせに関する対応内容を上長に報告した際、不手際があったことが判明した。同市では、対象となる申請者に対し、電話で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
個人情報含む請求書を別の団体へ誤送付 - 岩手県予防医学協会
サイバー攻撃、海外子会社サーバ経由で - パナソニック
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
健康産業支援施設サイトで個人情報が閲覧可能に - 山口県
オートローン申込者の氏名がネット上で検索可能に - 沖縄の信販会社
新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市