Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Log4Shell」の悪用、国内でも多数検知 - 国内で被害も

広く活用されているログ記録ライブラリ「Apache Log4j」に深刻な脆弱性「Log4Shell」が明らかとなった問題で、国内においても脆弱性を悪用した通信が多数観測されている。

問題の脆弱性「CVE-2021-44228」は、ログ処理に問題があり、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性。12月9日に公開され、12月10日には実証コード(PoC)が登場した。同ライブラリを組み込んだ製品、サービスなど多くの製品に影響が及んでいる。

国内においてSOCを運用するラックでは、脅威インテリジェンスで12月10日に脆弱性の悪用を確認したことを受け、実証コードの調査を終えた11日深夜にオリジナルの定義ファイルをリリースした。以降多数の攻撃通信を検出している。

特定のドメインやIPアドレスへ通信するよう求めるもので、「LDAP」「DNS」「RMI」といったプロトコルが指定されていた。1時間あたり5千件前後から多いときには3万件弱の通信を検知している。

あくまでアナリストによる感触であると前置きした上で、これまで観測された通信の内容は、調査と見られるものが4割から5割、のこる5割から6割は脆弱性を悪用して実際に攻撃を展開するものだという。

20211214_la_001.jpg
SOCにおける攻撃の検知状況(グラフ:ラック)

(Security NEXT - 2021/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中