Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報流出の可能性示す痕跡を発見、最大対象件数を算出 - リニカル

さらに株主名簿にある個人株主約8万1000件、取引先従業員約3万件、臨床試験医師約3万5000件、臨床試験協力者約6万件などが対象。このほかEU、中国、韓国、台湾における従業員の人事情報、採用応募者、退職者の情報なども含まれる。

同社ではEU加盟国のデータ保護監督当局や日本の個人情報保護委員会、台湾の関係当局に報告。最終結果の報告にあたっては、さらに時間を要する見込みだという。

不正アクセスの原因については、VPNの脆弱性が攻撃の起点として悪用されたと説明。すでに修正し、認証の強化などを終えた。不正アクセスを受けたサーバについても復旧を終えており、事業に支障は出ていない。

身代金の要求も受けたが応じる予定はないと同社はあらためて強調。また製薬会社などクライアントより受託している臨床試験の被験者データは、クラウド上の別環境で保存しており、不正アクセスの影響を否定している。

20211207_li_001.jpg
復元した日本サーバのデータより算出した流出の可能性がある最大件数(表:リニカルの発表をもとに作成)

(Security NEXT - 2021/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出