Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「水道料金を払わないと断水する」とだますフィッシング - 被害も発生

「東京都水道局」をかたるフィッシング攻撃が発生しているとして、東京都やフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

今回確認されたフィッシング攻撃は、「水道局からのお知らせ」といった件名のメールを送りつけているもの。本文では「水道料金を払っていないと断水する可能性がある」などとだまし、記載したリンク先より支払いを行うよう求めていた。

誘導先の偽サイトでは、IDやパスワード、クレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコード、名前、電話番号などを詐取する。

フィッシングサイトのURLは、2件が確認されているが、ひとつではトップレベルドメイン「.tokyo」が悪用されていた。

12月2日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意を求めている。

都では、今回確認されたフィッシングサイトについて「正規のサイトを思わせる精巧なつくり」と指摘。実際にクレジットカード情報を入力してしまう被害も報告されているという。同局よりこうしたメールを送ることはないとして注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2021/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町