Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「水道料金を払わないと断水する」とだますフィッシング - 被害も発生

「東京都水道局」をかたるフィッシング攻撃が発生しているとして、東京都やフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

今回確認されたフィッシング攻撃は、「水道局からのお知らせ」といった件名のメールを送りつけているもの。本文では「水道料金を払っていないと断水する可能性がある」などとだまし、記載したリンク先より支払いを行うよう求めていた。

誘導先の偽サイトでは、IDやパスワード、クレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコード、名前、電話番号などを詐取する。

フィッシングサイトのURLは、2件が確認されているが、ひとつではトップレベルドメイン「.tokyo」が悪用されていた。

12月2日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意を求めている。

都では、今回確認されたフィッシングサイトについて「正規のサイトを思わせる精巧なつくり」と指摘。実際にクレジットカード情報を入力してしまう被害も報告されているという。同局よりこうしたメールを送ることはないとして注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2021/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC
コピー機で顧客情報混ざり、外部に配布 - ニチイ学館
新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査