Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨

オープンソースのウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性が明らかとなった。11月にリリースされたアップデートで修正されている。

セッション変数を利用し、検索機能において「SQLインジェクション」攻撃を受けるおそれがある脆弱性「CVE-2021-44026」が明らかとなったもの。

また添付ファイルの拡張子の処理において「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2021-44025」が判明した。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において「CVE-2021-44026」のベーススコアが「9.8」とされており、重要度は「クリティカル(Critical)」と評価されている。一方「CVE-2021-44026」のベーススコアは「6.1」で「中(Medium)」とレーティングされている。

開発チームでは、11月12日にこれら脆弱性を解消した「同1.4.12」「同1.3.17」をリリース。アップデートを強く推奨している。また「同1.5.0」についてもこれら修正が実施済みだという。

(Security NEXT - 2021/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Qlik Sense Enterprise」の脆弱性が標的に - ランサム攻撃でも
Windows向けのバイナリエディタ「Frhed」に脆弱性
米当局、悪用リストから脆弱性1件を除外 - PoC機能せず、CVEは廃番
WordPress用フォーム作成プラグインに脆弱性 - 早急に更新を
「Adobe ColdFusion」の脆弱性、米行政機関で2件の侵害被害
Unitronics製の産業制御機器、予測容易な初期パスワードに注意
Atlassianの複数製品に脆弱性 - 重要度は「クリティカル」
米当局、Qualcomm製チップやApple製品の脆弱性狙う攻撃に注意喚起
「楽々Document Plus」に脆弱性に脆弱性 - 修正パッチがリリース
プロキシサーバ「Squid」にサービス拒否の脆弱性