Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セルフケア向け製品サイトで個人情報を誤表示 - エーザイ

製薬大手のエーザイは、セルフケア製品に関するウェブサイトの個人情報入力画面において、異なる顧客の情報が表示される不具合があったことを明らかにした。

同社によれば、9月ごろよりセルフケア向け製品のウェブサイトの個人情報入力画面で一部顧客より入力された個人情報が、直後にアクセスした顧客の画面に表示される不具合が発生したもの。

11月11日に顧客より指摘があり問題が判明。特定条件にあてはまった22人において不具合が生じていたことがわかったという。キャンペーン応募などにより多数アクセスが行われた際に負荷を軽減するシステムでの不具合が原因だった。

同社では対象となる顧客に対して経緯を報告し、謝罪した。不具合が生じたシステムについては翌12日に修正を終えており、提供を再開している。

(Security NEXT - 2021/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
福祉センターで生活保護受給者の個人情報を誤送付 - 栃木県
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
農業経営者の個人情報を県内自治体に誤送信 - 静岡県