Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セルフケア向け製品サイトで個人情報を誤表示 - エーザイ

製薬大手のエーザイは、セルフケア製品に関するウェブサイトの個人情報入力画面において、異なる顧客の情報が表示される不具合があったことを明らかにした。

同社によれば、9月ごろよりセルフケア向け製品のウェブサイトの個人情報入力画面で一部顧客より入力された個人情報が、直後にアクセスした顧客の画面に表示される不具合が発生したもの。

11月11日に顧客より指摘があり問題が判明。特定条件にあてはまった22人において不具合が生じていたことがわかったという。キャンペーン応募などにより多数アクセスが行われた際に負荷を軽減するシステムでの不具合が原因だった。

同社では対象となる顧客に対して経緯を報告し、謝罪した。不具合が生じたシステムについては翌12日に修正を終えており、提供を再開している。

(Security NEXT - 2021/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
小学校で施錠管理の児童保健調査票が所在不明 - 文京区
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
DMに他人の個人情報、委託先の印刷ミスで - 麗人酒造
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
県立校で裏紙利用した計算用紙に答案用紙が混入 - 佐賀県
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
マスキングせず情報公開請求者の個人情報を漏洩 - 調布市