Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査

ランサムウェアに攻撃され、身代金の支払い要求を受けた際の組織における対応について米Fortinetがグローバル調査を実施した。回答者の約4分の3が支払うに応じる姿勢を見せたという。

8月に同社が、24カ国において公共部門を含むさまざまな事業内容の組織における経営層を対象にアンケート調査を実施したもの。445人が回答した。

ランサムウェアの被害経験を見ると、日本を含む「アジア太平洋」と「ラテンアメリカ」が78%と8割近くにのぼり、「北米(59%)「EMEA(58%)」を上回った。

地域問わず、回答者の94%がランサムウェア攻撃に対して懸念を持っている。もっとも懸念する影響としては「データの損失(31%)」が最多となり、「人命または安全の喪失(12%)」「業務の中断(11%)」「評判の低下(10%)」が続いている。

84%はインシデントレスポンス計画を用意していると回答。トレーニングが61%でもっとも多く、「リスク評価計画(60%)」「オフラインバックアップ(58%)」「サイバー保険(57%)」が続いた。

攻撃を受けた際の身代金については、回答者の49%が全額支払うと答えた。25%も金額によっては支払うとの意向を示している。

また回答者の4分の1が実際に身代金を支払った経験を持っていたが、すべてのデータを復旧できなかった組織も見られた。

(Security NEXT - 2021/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%