Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、10月の大規模通信障害で報告書 - 「利用者への伝え方にも問題あった」

NTTドコモは、10月14日17時ごろより通信障害が発生した問題で、重大事故として11月10日に総務省へ報告書を提出した。

同問題は、IoT機器の位置情報データを管理する設備の移行工事において不備があり、対応の過程で携帯電話も含めた大規模な障害が発生したもの。

同社は11月10日、記者会見を開催。18分間の全国的な規制を含め、17時37分から19時57分までの2時間20分にわたり通信規制を実施し、音声通話やデータ通信がまったく利用できなくなった利用者が、推計約100万人にのぼるとの調査結果を公表した。

通常稼働時と完全に規制を実施した際の「位置登録数」の差分より算出したもので、当初約200万人と発表していたが下方修正した。

また同日16時54分より、完全復旧した翌15日22時までの29時間6分において、接続しにくくなったり、通信速度が遅くなるなど、利用しづらい状況が発生した利用者に関しては、音声通話で約460万人、データ通信で830万人以上とした。

(Security NEXT - 2021/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
みずほ銀でシステム障害 - 一時店頭で取引できず
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
コード決済サービス「d払い」で一時障害 - サーバに不具合
「PR TIMES」で障害、一部プレスリリースが未配信に
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市