Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性の届出、前四半期の約3分の2に - ウェブ関連が半減

2021年第3四半期に情報処理推進機構(IPA)へ届け出があった脆弱性は210件だった。ソフトウェアがやや増加する一方、ウェブサイトは半減している。

同機構では、ソフトウェア製品やウェブアプリケーションの脆弱性情報を流通させるため、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」のもと、脆弱性に関する届け出を受け付けている。

同四半期における脆弱性の届け出は210件。前四半期の303件を93件下回った。

内訳を見ると、ソフトウェア製品に関する脆弱性の届け出は96件で、前四半期の80件から増加。ウェブサイト関連は114件となり、前四半期の223件から109件減と大きな動きが見られた。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計は、ソフトウェア製品が4947件、ウェブサイト関連が1万2042件。ウェブサイト関連の届け出が全体の約7割を占めている。

(Security NEXT - 2021/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
ダークネット宛てのパケット数が増加傾向 - クルウィットら調査
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
2021年3Qの「JVN iPedia」登録数は3202件 - 3期連続で増加
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇