Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドのセキュリティ責任共有モデルをテーマにセミナー開催 - DBSC

データベース・セキュリティ・コンソーシアムは、「DBSC秋のセミナー」を10月26日にオンラインで開催する。

今回のセミナーでは、クラウドサービスにおけるセキュリティの責任共有モデルをテーマとし、基調講演には日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)で理事を務める諸角昌宏氏が登壇。

またイベント後半には、同コンソーシアムの会長である上原哲太郎氏や理事の北野晴人氏が加わり、パネルディスカッションを行う予定。

同セミナーは、同コンソーシアムの会員に限らず、一般からも参加することが可能。参加費は無料で定員は200人。事前登録制となる。イベントの詳細は同コンソーシアムのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
「クラウドサービス提供における情報セキュリティGL」の第3版を公開 - 総務省
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意