Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性を修正した「Ghostscript」のアップデートが公開

「PostScript」や「PDF」を処理するインタプリタ「Ghostscript」に脆弱性「CVE-2021-3781」が明らかとなった問題で、脆弱性を修正した新版「同9.55.0」がリリースされた。

「CVE-2021-3781」は、特定のディレクトリに対するアクセス制御が不十分で、細工したコンテンツを処理すると任意のコマンドを実行されるおそれがある脆弱性。すでに脆弱性の詳細や実証コードが公開されている。

Artifex Softwareでは、アドバイザリを公表してパッチを適用するよう呼びかけるとともに、9月下旬に修正版をリリースすると予告していた。

同社では9月27日に「同9.55.0」をリリース。同脆弱性を修正したほか、あらたなPDFインタープリタの実装をはじめ、機能強化やバグの修正、互換性の向上などを図っている。

新版のリリースを受けて、JPCERTコーディネーションセンターでは、アップデートを検討するよう利用者に対して注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ