Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず

オリンパスは、同社海外グループ会社においてサイバー攻撃と見られる不審なアクセスを検知した問題で、マルウェアによる通信だったことを明らかにした。

9月8日にシステムに対する不審なアクセスを検知。外部にデータ転送する通信などを遮断し、調査を進めていたもの。

同社は、具体的な内容は明らかにしていないが、販売、製造ネットワークに影響を及ぼすマルウェアに起因したものだったと説明。

一方これまでに実施した調査では、同社のデータを失ったり、外部へ流出した痕跡などは見つかっていないという。同社では、引き続き調査を進めている。

業務に関しては、通常の状態に復旧したとしており、医療機器やサービスの供給に支障は出ていないとしている。

(Security NEXT - 2021/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北南米地域統括会社にサイバー攻撃、影響など調査中 - オリンパス
通信事業者のフロー情報用いたC2サーバ検知は正当業務 - 総務省がパブコメ
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
JVCケンウッドの欧州グループ会社にサイバー攻撃 - メール障害から判明
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
次期「サイバーセキュリティ戦略案」を決定 - DXとセキュリティを同時推進
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東