Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず

オリンパスは、同社海外グループ会社においてサイバー攻撃と見られる不審なアクセスを検知した問題で、マルウェアによる通信だったことを明らかにした。

9月8日にシステムに対する不審なアクセスを検知。外部にデータ転送する通信などを遮断し、調査を進めていたもの。

同社は、具体的な内容は明らかにしていないが、販売、製造ネットワークに影響を及ぼすマルウェアに起因したものだったと説明。

一方これまでに実施した調査では、同社のデータを失ったり、外部へ流出した痕跡などは見つかっていないという。同社では、引き続き調査を進めている。

業務に関しては、通常の状態に復旧したとしており、医療機器やサービスの供給に支障は出ていないとしている。

(Security NEXT - 2021/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
Facebookビジネスアカウントの乗っ取り攻撃 - LinkedInで攻撃対象を物色
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
サイバー攻撃で基幹システムなどに被害 - クロスプラス
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社