Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス

ソフォスは、東京にデータセンターを開設した。製品利用者の増加や日本国内でデータを管理したいといった需要に対応する。

同社では、これまで米国やドイツ、アイルランドにてデータセンターを運用してきたが、7月のカナダ、8月のオーストラリアに続き、あらたに東京にもデータセンターを開設した。「Amazon Web Services」上で構築されているという。

規制やポリシーの要件など、国内でデータの管理が行いたいとの国内事業者における需要に対応するほか、将来も含めたクラウドベースのプラットフォームにおける処理能力の高情報を図るとしている。

東京にデータセンターでは、クラウドベースの統合管理プラットフォームである「Sophos Central」を提供するほか、「Extended Detection and Response」「エンドポイントプロテクション」「サーバプロテクション」「暗号化」「クラウドセキュリティ」「Managed Threat Response」などのソリューションを利用できるとしている。

(Security NEXT - 2021/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン