Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス

ソフォスは、東京にデータセンターを開設した。製品利用者の増加や日本国内でデータを管理したいといった需要に対応する。

同社では、これまで米国やドイツ、アイルランドにてデータセンターを運用してきたが、7月のカナダ、8月のオーストラリアに続き、あらたに東京にもデータセンターを開設した。「Amazon Web Services」上で構築されているという。

規制やポリシーの要件など、国内でデータの管理が行いたいとの国内事業者における需要に対応するほか、将来も含めたクラウドベースのプラットフォームにおける処理能力の高情報を図るとしている。

東京にデータセンターでは、クラウドベースの統合管理プラットフォームである「Sophos Central」を提供するほか、「Extended Detection and Response」「エンドポイントプロテクション」「サーバプロテクション」「暗号化」「クラウドセキュリティ」「Managed Threat Response」などのソリューションを利用できるとしている。

(Security NEXT - 2021/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI