Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ

伊藤忠テクノソリューションズは、セミナー参加者によるウェブアンケートの回答内容が、他回答者に流出したことを明らかにした。

同社によれば、9月16日16時過ぎにオンラインセミナーの参加者79人に送信したメールにおいて、本来アンケートを記入するページのURLを記載すべきところ、誤って回答内容を閲覧できるページのURLを記載して送信するミスがあったという。

同URLへアクセスすると、回答者64人に関する氏名、会社名、メールアドレス、アンケートの回答内容のほか、一部住所などを参照できる状態だった。

メール受信者から指摘があり問題が判明。17時半ごろ閲覧できないよう設定を変更した。同社では対象となる参加者にメールで経緯を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド