Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加

マイクロソフトによると、8月に確認された攻撃は、メールによるソーシャルエンジニアリングで、「契約書」などを装ってオンライン上の脆弱な端末上で共有された悪意あるファイルを開かせる手口だった。

標的としていたのは複数のアプリケーション開発会社で、「モバイルアプリケーション」の開発者を探しているなどと説明。メールにはビジネスモデルや顧客ターゲット、収益モデル、対象プラットフォームなど詳細が記載されていた。9月に入ってからは「少額訴訟」をちらつかせるメールを偽装しているという。

攻撃者は攻撃対象の端末で脆弱性を利用し、高い権限によりコードを実行して認証情報を窃取。さらに組織に対してラテラルムーブメントを展開しようとしていた。

「Cobalt Strike Beacon」をカスタマイズしたマルウェア「Cobalt Strike loader」を用い、手動で感染活動が展開されているランサムウェアなど、複数のサイバー犯罪で利用される攻撃インフラとの通信も確認されている。

同社では、メールを通じて同脆弱性を攻撃したグループを、身元について確度が高い情報がなく、追跡、調査段階の分類として「DEV-0413」と命名。追跡している。

(Security NEXT - 2021/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「VMware vCenter Server」に複数の深刻な脆弱性 - 早急に対応を
「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局