Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加

マイクロソフトは、9月の月例セキュリティ更新で修正した「MSHTML」のゼロデイ脆弱性「CVE-2021-40444」について、悪用の状況を明らかにした。8月は10件未満だったが、9月8日のサンプル公開以降、試行する動きが加速している。

問題の「CVE-2021-40444」は、「Windows」に含まれるブラウザのレンダリングエンジン「MSHTML」に明らかとなった脆弱性。細工されたOfficeファイルを開くと、リモートよりコードを実行されるおそれがある。

同社では現地時間9月7日のセキュリティアドバイザリでゼロデイ攻撃が発生していることを明らかにし、緩和策を講じるよう注意を喚起。9月12日の月例セキュリティ更新で同脆弱性を修正した。

同社では、少なくとも8月18日に脆弱性が悪用されたことを確認している。脆弱性を発見したきっかけは、8月21日に行われたFireEyeのMandiant関係者によるSNSへの投稿だったという。

投稿では、8月19日にVirusTotalへアップロードされたファイルに関連し、「Cobalt Strike Beacon」を配信するインフラに言及。配信メカニズムには触れていなかったが、マイクロソフトが検体ファイルを解析したところ、未修正の脆弱性が悪用されている可能性が高いことを確認した。

その後は関係者の協力のもと、攻撃者の注意を引かないようパッチ開発や緩和策の実施に向けた対応を進めていたとしている。

20210917_ms_001.jpg
「CVE-2021-40444」を悪用した攻撃の流れ(画像:MS)

(Security NEXT - 2021/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開