Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移

20210914_np_002.jpg
不正アクセス禁止法の「識別符号窃用型」における手口(グラフ:警察庁)

不正アクセス禁止法違反におけるパスワードの入手経路を見ると、「設定や管理の甘さにつけ込んで入手」が38件でもっとも多く30.9%にのぼる。「他人から入手(22件)」が17.9%と2番目に多い。

「パスワードを知りうる立場を悪用」が18件、「本人より聞き出したり覗き見」したケースが17件で続く。インターネット上に公開されているパスワードを入手したケースは2件だった。

パスワードが不正利用されたサービスは、「社員、会員用などの専用サイト」が33件で26.8%と全体の約4分の1を占めており、「オンラインゲーム、コミュニティサイト」が32件と僅差。

さらに「オンラインバンキング(24件)」「オンラインショッピング(15件)」「電子メール(6件)」が続いている。

そのほか「電子計算機使用詐欺」が300件、「電子計算機損壊等業務妨害罪」が8件、「不正指令電磁的記録作成罪(ウイルス作成罪)」が7件だった。

(Security NEXT - 2021/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大
実証事業でメール送信ミス、参加会員のメアド流出 - 野村不動産
サービス終えた「ログ解析サービス」のドメインを第三者が取得 - タグの除去徹底を
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
住信SBIネット銀行の利用者狙うフィッシングに注意
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消