Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会

西東京商工会は、問い合わせメールの転送ミスにより、問い合わせを行った人の個人情報や、利用者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同商工会によれば、8月27日13時過ぎ、代表メールに届いた問い合わせ内容を支援担当者へ転送する際、過去に支援センターを利用した309人を誤って送信先として選択、送信したもの。

問い合わせを行った1人に関する個人情報や、送信先となった過去利用者のメールアドレスが受信者間に流出した。メールの受信者から指摘があり、問題が判明したという。

同商工会では、関係者に経緯を報告して謝罪した。誤送信先に対しても謝罪するとともに誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2021/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
イベント案内メール誤送信、顧客メアド流出 - 岩谷産業
新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市
イベント案内メールを「CC」送信 - シナネン