Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害

医療機器や福祉用具の販売を手がける八神製作所は、社内ネットワークがランサムウェアによる攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によれば、8月31日夜にネットワークが不正アクセスを受けたことを把握したもの。その後、ランサムウェアによる攻撃であることが判明した。被害が確認されたサーバの停止、ネットワークの遮断を行ったうえで、復旧作業を進めている。

同社では社内に復旧対策本部を設置、警察へ被害を相談しつつ対応にあたっているが、9月9日の段階においても影響の範囲、侵入された原因などは調査中としている。

社内においてネットワークへの接続が制限されるなど影響は出ているものの、業務に大きな影響は出ていないと説明。引き続き調査や復旧を進めていくという。

(Security NEXT - 2021/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
バンナム複数グループ会社にサイバー攻撃 - 詳細は調査中
名古屋商工会議所にサイバー攻撃 - サーバが暗号化被害
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア