Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害

医療機器や福祉用具の販売を手がける八神製作所は、社内ネットワークがランサムウェアによる攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によれば、8月31日夜にネットワークが不正アクセスを受けたことを把握したもの。その後、ランサムウェアによる攻撃であることが判明した。被害が確認されたサーバの停止、ネットワークの遮断を行ったうえで、復旧作業を進めている。

同社では社内に復旧対策本部を設置、警察へ被害を相談しつつ対応にあたっているが、9月9日の段階においても影響の範囲、侵入された原因などは調査中としている。

社内においてネットワークへの接続が制限されるなど影響は出ているものの、業務に大きな影響は出ていないと説明。引き続き調査や復旧を進めていくという。

(Security NEXT - 2021/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大晦日未明にランサム被害、情報流出を確認 - ソフトウェア開発会社
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
クラウド運用の県森林情報管理システムがランサム被害 - 鳥取県
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号化された鍵」特定されて侵入
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表