Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリコンサルツHDのランサム被害、複数自治体が委託状況を説明

一方東京都葛飾区では、オリエンタルコンサルタンツやグループ会社のエイテックに、民間施設の浸水対応型拠点建築物化や、金町駅周辺の基盤整備計画策定、道路管理計画の更新、河川監視カメラ設置などの業務を委託。関連データの流出を含め確認を求めている状況だという。

市川市では、地域コミュニティゾーン実施設計、観光振興ビジョン策定などを委託。公園などの測量データや、江戸川放水路高規格堤防関係の資料などのほか、観光振興ビジョン策定業務のワークショップ参加者一覧、関係資料などを扱っていた。

また地中熱利用システム調査についても委託しているが、契約直後だったため、同事業に関する関連データはサーバ内になかったとしている。

(Security NEXT - 2021/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フランスのグループ会社でランサム被害、詳細を調査 - ダイセル
1月のランサム被害に関するあらたな情報流出を確認 - 綜研化学
都再委託先でランサム被害 - データにはパスワード設定
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局