Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリコンサルツHDのランサム被害、複数自治体が委託状況を説明

オリエンタルコンサルタンツホールディングスやグループ会社が利用するサーバにおいてランサムウェアの感染被害が発生した問題で、業務を委託していた複数の自治体より状況の報告が行われた。

同社やグループ会社において、利用する複数のサーバが8月15日、19日の2度にわたりランサムウェアによる攻撃を受けたもの。サーバ内に保存されていた業務関連データの多数が暗号化され、外部に流出した可能性があるとして8月20日に事態を公表し、調査を進めているとしている。

同社では詳しい被害状況や、対象となる顧客数などはコメントせず、明らかにしていないが、今回の問題を受け、業務を委託していた一部自治体では、情報が流出した可能性もあるとして対象業務などを明らかにしている。

埼玉県では、毛長川排水機場の設備維持修繕工事や、上尾市における道路のボトルネック解消推進工事をはじめ、道路、河川などの工事、大宮スーパー・ボールパーク構想の検討などを委託していた。

これら事業に関連する図面や計算書、地質調査の結果など、関連資料などが被害に遭った可能性がある。

(Security NEXT - 2021/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
バンナム複数グループ会社にサイバー攻撃 - 詳細は調査中
北朝鮮支援グループが医療機関にランサム攻撃 - 米政府が注意喚起
名古屋商工会議所にサイバー攻撃 - サーバが暗号化被害
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か