Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware vRealize Operations」に6件の脆弱性

VMwareは、「VMware vRealize Operations」向けに複数の脆弱性を修正するセキュリティパッチをリリースした。

今回のアップデートは、あわせて6件の脆弱性を解消したもの。同社は脆弱性の重要度を4段階中、2番目にあたる「高(High)」とレーティング。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、もっとも高い脆弱性で「8.6」、もっとも低い脆弱性で「4.4」と評価されている。

具体的に見ると、「vRealize Operations Manager API」においてアクセス制御が不能となり、認証なしにAPIへアクセスが可能となる「CVE-2021-22025」を解消。

さらに任意のログが読み取り可能となる「CVE-2021-22024」や、サーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)の脆弱性「CVE-2021-22026」「CVE-2021-22027」などに対処した。

CVSS基本値は、「CVE-2021-22025」が「8.6」でもっとも高く、「CVE-2021-22024」「CVE-2021-22026」「CVE-2021-22027」がいずれも「7.5」で続いている。

(Security NEXT - 2021/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性