Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市

横浜市は、7月に報告があった個別公表の対象を除く事務処理ミス44件を公表した。

事務処理時の確認不備や不注意などをおもな原因として発生した個人情報の流出事故などを取りまとめたもの。

書類などの誤送付や誤送信は13件。港北区において、指定管理者応募申請書の誤送付により16人分の個人情報が流出したケースや、消防局において消防用設備等点検結果報告書の誤送付により3人分の個人情報が流出する事故が発生した。

書類の誤交付は、国民健康保健限度額認定証の誤交付が1件だった。書類などの紛失は4件。教育委員会事務局で健康手帳の紛失により3人分の個人情報が流出するケースがあった。

処理の誤りは10件。都筑区で災害時要援護者名簿に関する処理誤りがあり、3人分の個人情報が流出。栄区では選考結果通知に関する処理誤り、磯子区では小児医療費助成事業に関する処理誤りがあり、各1人の個人情報が流出している。

指定管理者や委託先での事務処理ミスは13件。中区では、18人分の個人情報が含まれる子育てサポートケアシステム関係書類が一時所在不明となった。また栄区では、栄区福祉保健活動拠点におけるメール誤送信で10人分の個人情報が流出したという。

(Security NEXT - 2021/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
クラウド設定ミスによる顧客情報流出で対象者を特定 - 琉球銀
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
クラウド設定不備で顧客情報約11万件が閲覧可能に、流出は1件 - ホーユー
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
外部クラウド利用したカードローン申込窓口に設定不備 - 三井住友信託銀
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀