Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2回目の「特別定額給付金」で誘導するフィッシングに注意

新型コロナウイルス感染症にともなう「特別定額給付金」のオンライン申請が行えるなどとして、偽サイトへ誘導するフィッシング詐欺が発生している。フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

問題のフィッシングメールは、「【お知らせ】二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました」といった件名で送信されているもので、あたかも2度目の特別定額給付金があるかのように見せかけ、オンライン申請が行えるなどとして偽サイトへ誘導していた。

誘導先のフィッシングサイトでは、氏名や国籍、生年月日、性別、職業、郵便番号、電話番号、メールアドレス、身分証明書の番号のほか、必須項目として入金用のカード番号、有効期限、認証コードなどを詐取。さらに遷移したページでは、必要書類などとして、身分証明書の画像をアップロードするよう求めていた。

誘導先のフィッシングサイトとして、少なくとも9件のURLが確認されており、一部はサブドメインに「soumui」「soumu.go.jp」など、総務省の関連サイトを想起させる文字列を利用していた。

8月24日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2021/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス