Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2回目の「特別定額給付金」で誘導するフィッシングに注意

新型コロナウイルス感染症にともなう「特別定額給付金」のオンライン申請が行えるなどとして、偽サイトへ誘導するフィッシング詐欺が発生している。フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

問題のフィッシングメールは、「【お知らせ】二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました」といった件名で送信されているもので、あたかも2度目の特別定額給付金があるかのように見せかけ、オンライン申請が行えるなどとして偽サイトへ誘導していた。

誘導先のフィッシングサイトでは、氏名や国籍、生年月日、性別、職業、郵便番号、電話番号、メールアドレス、身分証明書の番号のほか、必須項目として入金用のカード番号、有効期限、認証コードなどを詐取。さらに遷移したページでは、必要書類などとして、身分証明書の画像をアップロードするよう求めていた。

誘導先のフィッシングサイトとして、少なくとも9件のURLが確認されており、一部はサブドメインに「soumui」「soumu.go.jp」など、総務省の関連サイトを想起させる文字列を利用していた。

8月24日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2021/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店