Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高校で生徒の個人情報を誤送信 - 佐賀

佐賀県の県立高校において、教育支援ツールを使って生徒に一斉配信を行った際、誤って個人情報含むファイルを添付するミスが発生した。

同県教育委員会によれば、8月19日13時ごろ、健康観察に関する指示について教育支援ツール「Classi」を使って一斉配信を行った際、3年生67人に対して前年度に実施した「一人前の社会人になるための資質チェック」の回答一覧ファイルを誤って添付するミスがあったという。ファイルには個人情報が記載されている。

ファイルを受信した生徒から指摘があり問題が判明。教職員は3年生に対して配信したデータの一括削除を実施した。削除時点で生徒19人が閲覧しており、ダウンロードした場合は速やかに削除するよう求めた。

また電話を通じてファイルが削除されているか確認。登校日である23日には生徒の端末よりデータが削除されているか目視で確認を実施した。誤送信したファイルに記載されていた在校生や卒業生、保護者に対しては、書面を通じて経緯の説明や謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2021/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと
非公表が条件の企業提供情報をメールに誤添付 - 国交省
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
全学生情報含むファイルを複数学生に誤送信 - 愛媛大
市報配信時に宛先リストを誤添付 - 会津若松市
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド