Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

気象庁サイトの障害、過去災害時を超えるアクセス集中で

気象庁は、8月14日昼過ぎより同日深夜にかけてウェブサイトが閲覧しにくい状況となった問題で原因を明らかにし、対策を取りまとめた。

8月14日は、九州や西日本を中心に記録的な大雨となったが、12時40分ごろから同日23時半ごろにかけて、約11時間にわたり同庁のウェブサイトが閲覧しにくい状況に陥ったもの。

同日15時前に「コンテンツデリバリネットワーク(CDN)」の設定をチューニングするなど対策を行ったものの状況は改善せず、同庁の情報を紹介する他サイトへ誘導するなど一時対応に追われた。

同庁では、過去の災害発生時のアクセス状況を踏まえ、最大規模のアクセスを想定して対策を講じていたが、今回はそれを上回るアクセスがあったという。

(Security NEXT - 2021/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
決済サービス「d払い」などで「3Dセキュア」が一時利用不能に
「e-Tax」の接続障害、原因はDB処理のパフォーマンス低下
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
NTTドコモ、10月の大規模通信障害で報告書 - 「利用者への伝え方にも問題あった」
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
みずほ銀でシステム障害 - 一時店頭で取引できず
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因