Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドール通販サイトから顧客情報が流出 - 脅迫メールで判明

球体関節人形や関連グッズを扱う通信販売サイト「DOLK STATION」において、2019年3月ごろに顧客情報が流出していたことがわかった。金銭を要求する脅迫メールが届き、被害に気がついたという。

同サイトを運営するボーダレスによれば、2019年3月ごろに不正アクセスを受け、同年3月以前に登録された2万4228件の会員情報が外部に流出した可能性があることが判明したもの。

氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、ID、パスワードなどが対象で、クレジットカードは含まれていないという。8月19日に個人情報を保有しているなどとして、金銭を要求する英文の脅迫メールが届き、流出被害を確認した。

同社では対象となる顧客へ個別にメールで経緯を説明し、パスワードの変更を要請。また8月20日に警察へ被害を申告するとともに、個人情報保護委員会に報告を行った。

同サイトは、2021年3月16日にリニューアルを実施しており、同日以降運営している新サイトの環境では今回判明した不正アクセスへの対策をすでに実施済みであると説明。セキュリティ対策と監視の強化を行い、再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2021/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開