Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」の反射型攻撃対策に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ

「BIND 9」の一部バージョンに、リモートからのリクエストでサービス拒否に陥るおそれがある脆弱性が明らかとなった。アップデートがリリースされており、関係機関も注意を呼びかけている。

リフレクション攻撃の影響を緩和するために実装された「DNS Response Rate Limiting(DNS RRL)」を有効化している場合、MTUよりサイズが大きいUDPパケットを応答しようとするとアサーションエラーが発生し、サービス拒否に陥る脆弱性「CVE-2021-25218」が明らかとなったもの。

現地時間8月19日の時点で悪用は確認されていない。同脆弱性は、悪意ある攻撃だけでなく、正常なリクエストでもサービス拒否に陥るおそれがあるとして、注意が必要だという。

Internet Systems Consortium(ISC)では、「CVSSv3.1」のベーススコアを「7.5」、重要度を上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングした。

影響を受けるのは、「BIND 9.16.19」のみとしており、他バージョンでは同脆弱性の影響を受けない。ISCでは脆弱性に対処した「BIND 9.17.17」「同9.16.20」をリリースするとともに、回避策をアナウンスしている。

同脆弱性の判明を受け、日本レジストリサービス(JPRS)やJPCERTコーディネーションセンターなど関係機関からも利用者に注意喚起が行われており、バージョンアップなど対策を講じるよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2021/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOSにアップデート、ゼロデイ脆弱性を解消
Apple、「iOS 15.3」「iPad OS 15.3」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因